戦国IXA のろしのBLOG もくっ ・ε ・

スクウェア・エニックスのオンラインゲーム 【 戦国IXA 】を 応援する煙の妖怪 のろし が 戦国IXAやのろしのことをゆる~くお届けするブログもく

【戦国IXA】2024 年 2 月の追加武将一覧

こんにちは~~~のろしですもく o(`・ε・´)ノ

 

戦国IXA 新たなる舞台
 流天絶 ~ 静謐の争奪 ~ 

noroshi-sengokuixa.hatenablog.com

 

新章が開幕して早くも10日ほどが経ち
今週末 2月23日(金) には
新たなる舞台での初合戦相手国発表を迎えるけれど
その前にこちらをチェックもく (σゝз・)σ

 

 

 2月 追加武将 が 公開されました もく

 

 

追加されるのは

【 極 】 塚原卜伝さん 稲姫さん 堀秀政さん 毛利勝永さん

【 特 】 黒田利高さん 北条高広さん 畠山義春さん

【 上 】 熊谷信直さん 

【 序 】 武田元繁さん

以上の 9 名

 

 

-------------------------------------------------------------

堀秀政【 極 】、毛利勝永【 極 】は

取引出品・譲与不可で

2024年5月予定のアップデートメンテナンスにてラインナップから外れるとのこともく

-------------------------------------------------------------

 

 

 

鹿島神宮の神官で、「鹿島中古流」を伝承する卜部吉川家に生まれた 塚原卜伝 さんは、「香取神道流」を修める塚原家の養子となり、実父と養父のそれぞれから剣術の手ほどきを受けたもく

塚原家は小領主であったけれど、卜伝さんは度々廻国修行をおこない、生涯の多くの時間を旅に費やしたといわれているもく

秘剣といわれる「一之太刀」を完成させた卜伝さんは、常人には辿り着くことのできない剣境に達し、三十七度の合戦、十九度の真剣勝負、木刀を用いた数えきれないほどの試合にのぞんで、その戦績は無敗を誇り、傷らしき傷を受けたことすらなかったと伝わっているもく

 

 

 

小松姫の名でも知られる 稲姫 さんは、徳川四天王の一人である本多忠勝さんの娘として生まれ、真田昌幸さんの長男である真田信之さんの正室となったもく

稲姫さんは徳川家康さんの養女として真田家へ嫁いだという説もあり、この婚姻は、長年敵対関係にあった徳川家と真田家が和解して、良好な関係を築くための政略結婚であったと考えられるもく

忠勝さんの血によるものか、稲姫さんは非常に勝ち気な女性だったといわれ、石田三成さんの挙兵により夫の信之さんの敵方となった義父の昌幸さんが、孫の顔を見るために沼田城へ立ち寄った際には、信之さんから沼田城の留守を預かる稲姫さんが武装して開門を拒み、昌幸さんらを追い返したと伝わっているもく

 

 

 

織田信長さんに仕えて五千石を領する堀秀重さんの子として生まれた 堀秀政 さんが、十三歳で信長さんの小姓に取り立てられたのは、その美しい顔立ちのためともいわれているけれど、その後、若年で各種の奉行職を務めあげたことを考えると、やはり非凡な能力によってその地位を得たものと思われるもく

「名人久太郎」の異名を持つ秀政さんは、ひとのこころをよく理解し、こまやかな配慮を用いて物事に対処することができたため、家臣から慕われるだけでなく、織田家重臣たちからも頼りにされていたと伝わっているもく

秀政さんは合戦においても幾度となく名人ぶりを発揮しており、本能寺の変のあと、秀吉陣営として参加した小牧・長久手の戦いでは、味方の軍勢が大崩れするなか、的確な判断で敵軍を迎撃し、徳川軍に大打撃を与えたといわれているもく

 

 

 

豊臣秀吉さんに仕えた 毛利勝永 さんは、関ヶ原の戦いで西軍に与したため、戦後改易されて土佐の山内家に預けられたもく

山内家では千石の封地を与えられるなど手厚くあつかわれたけれど、大坂から豊臣秀頼さんの密使が訪れて入城を要請すると、勝永さんは一計を案じて土佐を脱出し、大坂の陣において真田幸村さんとともに獅子奮迅の活躍を見せたもく

土佐脱出にあたり、勝永さんは妻子に向かい「秀頼公に一命を捧げて豊臣家の恩に報いたいが、入城すればお前たちに難儀がかかるだろう」と涙を流したけれど、妻は「君ために働くのは家の名誉、残る者のことが心配ならば、わたくしどもはこの島の波に沈み一命を絶ちましょう」といって勝永さんを励ましたといわれているもく

 

 

 

「黒田二十四騎」と称される黒田家の精鋭二十四名から、さらに選りすぐった八名を「黒田八虎」と称し、黒田孝高さんの弟にあたる 黒田利高 さんは、その黒田八虎の筆頭に位置づけられている人物もく

中国攻めを開始した織田家に従うかたちで、孝高さんとともに羽柴秀吉さんの配下となった利高さんは、本能寺の変のあとも秀吉さんに従い、孝高さんが豊前中津城主となった際には、一万石を分与されて豊前高森城主となったもく

実直で柔和な人物だったとされる利高さんは、甥の黒田長政さんが黒田家の当主となるとその後見役を務め、道で長政さんの駕籠と行き会うことがあれば必ず下馬して平伏し、他の家臣たちに忠義の手本を示したといわれているもく

 

 

 

長尾景虎(のちの上杉謙信)さんに仕える越後国北条城主 北条高広 さんは、武田信玄さんに内応し、北条城にこもって景虎さんに反乱を起こしたけれど、長尾軍の猛攻を受けると降伏し、再び景虎さんに仕えたもく

帰参した高広さんは関東方面の政治や軍事を任されるなど重く用いられたけれど、北条氏康さんの調略を受けると再び謙信さんに背き、その後、上杉家と北条家が越相同盟を結んで和睦したため微妙な立場となったものの、北条氏政さんの仲介によって再び上杉家に帰参したもく

「器量、骨幹、人に倍して無双の勇士」と称されるほど優れた武将であった高広さんは、諸大名から軍神とおそれられる謙信さんを悩ませた「家中一の粗忽者」でもあったもく

 

 

 

足利一門に連なる能登畠山家に生まれた 畠山義春 さんは、人質として上杉家に送られ、一度は上杉謙信さんの養子となったけれど、その後、上杉一門である上条政繁さんの養子となり、上条姓を称したもく

上杉家で武功を重ねた義春さんは、謙信さんが亡くなり上杉景勝さんが家督を継いだあとも上杉家に仕えたけれど、のちに上杉家を出奔して、豊臣秀吉さんの直臣となったもく

関ヶ原の戦いでは東軍に与し、大坂の陣においても最終的に徳川方に属した義春さんは、家康さんの命により畠山姓に復し、江戸幕府に仕えたもく

 

 

 

安芸武田家に従属する国人領主 熊谷信直 さんは、源頼朝さんの御家人として鎌倉幕府成立に貢献した熊谷直実さんの直系の子孫であり、父の熊谷元直さんが有田中井手の戦いで討死したことを受けて家督を継いだもく

この有田中井手の戦いで当主の武田元繁さんや多数の重臣を失った武田家は衰退の一途を辿りはじめ、元繁さんの跡を継いだ武田光和さんとの対立を深めた信直さんは、武田家を離れ、父の仇である毛利家に従うようになったもく

毛利家の吉川元春さんが信直さんの娘を正室としたため、信直さんは毛利家の一門衆として扱われるようになり、生涯不敗といわれる元春さんを岳父として支えたもく

 

 

 

若狭武田家の分家にあたる安芸武田家は、佐東銀山城を居城として勢力を保持していたけれど、大内義興さんの侵攻によって大内家に服属することとなったもく

父の病死にともなって安芸武田家の家督を継いだ 武田元繁 さんは、足利義材さんを奉じて上洛軍を起こした義興さんに従い上洛したけれど、義興さんの不在が長期化するうちに安芸国内で内訌が生じたため、義興さんの命を受けて、鎮圧のために帰国することとなったもく

しかし、帰国した元繁さんは尼子家との関係を強化して大内家を離反し、安芸国内で勢力を拡大すべく兵を動かし、最期は毛利吉川連合軍との合戦で矢を受けて落馬したところを討ち取られたといわれているもく

 

 

-------------------------------------------------------------
今回の武将追加時にラインナップから外れるカードは下記の武将カードになりますもく

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしX(旧twitter

https://twitter.com/noroshi_ixa

-------------------------------------------------------------

【戦国IXA】「 流天絶花 ~ 静謐の争奪 ~ 」 新天情報

2024 年 2 月 9 日( 金 )

   戦国IXA    新たなる舞台が開幕・・・!

流天絶 ~ 静謐の争奪 ~

 

 

 

↓↓  新たなる舞台の詳細はこちらもく

https://sengokuixa.jp/season27_wagahana/

 

 

新たなる舞台では

 

新【 傑 】武将カードとして 

室町幕府 最後の将軍が登場するもく!!!!

 

そして 大殿ならびに

新【 天 】武将カードとして 12 名の猛者達が登場するもく!!!!

 

 

 

↓↓  【傑】 の詳細はこちらもく

https://sengokuixa.jp/new_rarity/

 

足利義昭 さんは、室町幕府の第十五代、そして最後の将軍もく

第十二代将軍・義晴さんの息子として生まれたけれど、足利将軍家家督相続は長兄が担うことが慣例となっていたため、仏門に入っていたもく

しかし、兄であり第十三代将軍だった義輝さんが三好家勢力による永禄の変にて殺害されてしまったことで、運命が大きく変わることになるもく

当時は、将軍家の権威が衰えており、各地の戦国大名達が覇を競い名乗り上げていた時代で、その中でも躍進著しかったのが尾張織田信長さんだったもく

将軍家復権の思いを抱き還俗した義昭さんと、中央への進出を図る信長さんの利害が一致し、義昭さんは信長さんの協力によって将軍に就任することができたもく

ただ、良好な関係は長くは続かず袂を分かち、その後は諸将と連携して信長包囲網を築いていくことになるもく

 

 

 

戦国時代の顔役のひとり、現代でも多くの創作物に登場するなど人気の戦国武将で、誰しもその名を一度は耳にしたことがあるであろう英傑が、織田信長 さんもく

尾張戦国大名織田信秀さんの嫡男に生まれ、若年の頃には尾張の大うつけなどと嘲笑されたけれど、家督争いを収束させて尾張統一を成し遂げると、桶狭間の戦いにおいて当時覇権を握っていた今川義元さんを討ち取り、一躍その名を全国に知らしめたもく

覇道を歩み始めた信長さんは、将軍・足利義輝さんが殺害された後の、義輝さんの弟・義昭さんによる室町幕府再興の呼びかけに呼応し、義昭さんと共に上洛を果たしたもく

当初の信長さんは室町幕府再興に本気だったともいわれ、自身が将軍就任を後押しした義昭さんとの関係も良好であったけれど、次第に不和となって義昭さんを見限り追放したことで逆に室町幕府にとどめを刺す形となり、その結果、独自の中央政権維持のために、より苛烈な戦いに身を投じていくことになるもく

 

 

 

織田信長さんによって京を追放された足利義昭さんが頼ったのが、安芸の戦国大名 毛利輝元 さんもく

輝元さんは、一代で毛利家を中国地方の覇者に押し上げた元就さんの孫で、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将を務めたこともよく知られている人物もく

後にその大役を担うほどまでに毛利家の格が上がったことについては、将軍・義昭さんを庇護したことも少なからず影響があっとも考えられるもく

毛利家と織田家は義昭さんが将軍に就任した当時は同盟関係にあり、義昭さん追放後もその関係が続いていたため、頼られてすぐの頃には輝元さんも義昭さんの扱いに難儀したけれど、やがて信長さんが京から西方へ進出しようとする動きを見せ始めたため、輝元さんは反信長の立場になることを決意したもく

備後国に義昭さんを将軍に据えた室町幕府亡命政権が生まれると、その副将軍に任じられた輝元さんは、中国地方だけでなく全国で一目置かれる存在となっていくもく

 

 

 

武田勝頼 さんは、戦国最強軍団を率いた武田信玄さんの後継者もく

織田信長さんと仲違いになった将軍・足利義昭さんによる信長包囲網と時期を同じくした武田家の西上作戦の最中に、信玄さんが急死してしまったため、勝頼さんがその意志を継いで信玄さん亡き後の武田家を武勇によって牽引したもく

しかし、信玄さんの死の影響は大きく、長篠の戦いで織田徳川連合軍の前に大敗してしまい、窮地となった勝頼さんは、上杉家、北条家との同盟強化に乗り出すことになるもく

そこに思いがけない助けとなったのが、将軍である義昭さんからの、武田上杉北条の三者協力を促す呼びかけだったもく

同盟強化に成功した勝頼さんは、義昭さんを庇護していた毛利家とも同盟を結び、共通の敵である織田家に立ち向かっていったもく

 

 

 

北条氏政 さんは、強者揃いの関東勢の中、北条五代の四代目として優れた手腕を発揮し、最大版図を築いたもく

家督相続後は、父・氏康さんとライバル関係にあった信玄さんの武田家、謙信さんの上杉家と何度も敵対や同盟を繰り返しながら名声を確立していき、豊臣秀吉さんが天下を狙う頃には最期まで徹底抗戦する気概を示したもく

足利義昭さんとは生年が近くほぼほぼ同時代を生きており、義昭さんと織田信長さんの対立に関連して将軍家側から様々な働きかけも受けていたけれど、当時の北条家は織田家との友好関係の時代が長く、また、関東では伝統的に中央政権からの自立志向もあったようで、それらも影響したのか、中央のいざこざに深く関わった様子はあまりなかったみたいもく

 

 

 

代々近江国の守護を担い、将軍足利家とも縁深かった名門の六角家は、十四代の定頼さんとその子である 六角承禎 さん親子の時代に最盛期を誇ったもく

定頼さんは時の将軍であった足利義輝さんを度々庇護し、その跡を継いだ承禎さんにおいても、将軍家の権威を脅かそうとする三好長慶さんと何度も争ったり、義輝さんと長慶さんの和睦を仲介したりして存在感を示したもく

その後、浅井長政さんの台頭などによる近江での勢力争いに身を置いていたけれど、義輝さんが三好家勢力により殺害される事件によって状況が変わるもく

はじめ承禎さんは将軍家の復権を目指し行動を開始した足利義昭さんに協力する方針だったものの、三好家の説得によって敵対の方針に転じ、これによって義昭さんを奉じた織田上洛軍との戦いの火ぶたが切られて、何度も信長さんに抗っていくことになるもく

 

 

 

豊臣秀吉 さんは、一代にして関白にまでのぼりつめ、天下統一も成し遂げた戦国一の出世頭として、織田信長さん、徳川家康さんと並び、三英傑と称されたもく

若くして織田家の有力家臣となり、信長さんの天下布武を目指した勢力拡大の動きの中で功績を重ねて成り上がっていったもく

そうして信長さんから厚い信頼も得た秀吉さんは、毛利家を討つための中国攻めの大役を任されたのだけど、その最中に起こったのが本能寺の変もく

いずれも遠征に出ていた織田家重臣らの中で、秀吉さんは信長さん討死の報に対していち早く反応し、かたきである明智光秀さん討伐を足掛かりとして、織田政権の後継者争いに勝利することになるもく

自らの政権を確立して関白に任じられた秀吉さんは、追放されていた将軍・足利義昭さんを京に呼び戻すと、将軍職を朝廷に返上させたうえで厚遇し手駒とするなど、権勢をほしいままにしたもく

 

 

 

宇喜多直家 さんは、下剋上によってのし上がり、豊臣秀吉さんの将来を見込んで預けた息子の秀家さんが豊臣政権の五大老のひとりになるなど、宇喜多家を戦国大名へと押し上げた人物もく

幼少期には苦難の人生を過ごし、その際に斎藤道三さんや松永久秀さんに並ぶような悪人人格が形成されたといわれ、嘘か真かわからないものも含めて、目的のためには手段を選らばぬ逸話が数多く伝わっており、戦国の三梟雄のひとりとも評される陰謀家のイメージが定着しているもく

実際どうだったのかはともかくとして、青年期の直家さんは備前国戦国大名浦上宗景さんの下で力をつけていき、足利義昭さんが将軍になった際に、それに従う様子のなかった宗景さんに反旗を翻したもく

既に中国地方有数の実力を備えるに至っていた直家さんは独立の道を選び、織田信長さんの命を受けて中国地方に進出していた秀吉さんや、中国地方の有力大名・毛利家らが陣取る舞台に歩を進めていくことになるもく

 

 

 

ルイス・フロイスさんから日本最大の海賊と評されたのが、村上水軍を率いた 村上武吉 さんもく

村上水軍は、能島、来島、因島の三島に分かれてそれぞれ独自の勢力として瀬戸内海を支配していたのだけど、武吉さんは能島村上水軍の後継者争いを制して、他勢力とも良好な関係になるなど、村上水軍の全盛期を築いていったもく

大内義隆さんを討って大国大内家の実権を握った陶晴賢さんと、毛利元就さんの間で起こった厳島の戦いでは、毛利家に味方したといわれ、この戦いによって中国地方の覇権が毛利家に移ってからは、毛利水軍の一員としての活動が多くなるもく

毛利輝元さんが将軍・足利義昭さんを庇護して織田信長さんと戦うことになると、村上水軍は第一次木津川口の戦いの大勝に大いに貢献したと伝わるもく

 

 

 

相良義陽 さんは、十二歳という若年で相良家第十八代当主となり、内乱をおさめて国をまとめ上げたもく

相良家は肥後南部を拠点としていて、代々周辺では大国同士がしのぎを削っており、義陽さんの時代においても大友家、島津家、龍造寺家などの強豪が周囲を囲んでいたもく

そうした地盤もあったためか、義陽さんは、朝廷や幕府への献金を積極的に行い中央との関係を強化していたようで、織田信長さんが足利義昭さんを奉じて上洛し、義昭さんのための二条城修築費用を諸大名に求めた際には、朝廷への貢租七年分相当の費用を献じたそうもく

そして、先祖代々の地を守ろうと腐心し続けた義陽さんは、抵抗むなしく島津家に降ることになってしまうのだけど、壮絶な最期と引き換えに本領と家柄を守りぬくことに成功するもく

 

 

 

土佐七雄のひとつであった家に生まれた 長宗我部元親 さんは、幼少の頃は色白でおとなしく、家臣からも姫若子と揶揄されて、初陣も当時としてはかなり遅い年齢だったもく

しかし、初陣で周囲の評価を大きく変えるほどの大活躍をし、以降は鬼若子と呼ばれるほどの勇猛さと無類の強さで土佐を平定したもく

元親さんの正室は、将軍・足利義輝さんの家臣の親戚で、明智光秀さんにも縁のある人物だったもく

義輝さんが殺害された事件後に足利義昭さんを奉じて中央で絶大な力を得ていた織田信長さんとは、光秀さんを通じて繋がり、信長さんから四国でのさらなる勢力拡大を容認されることになるもく

かくして元親さんは四国の覇者へと至るのだけど、その後には、信長さんの同盟反故、本能寺の変、大敵秀吉さんとの対立という激動が訪れるもく

 

 

 

伊達輝宗 さんは、祖父・稙宗さんと、父・晴宗さんの間で起こった内乱によって衰弱していたお家を立て直し、その後の伊達家躍進の土台を築いた名将もく

外交を得意として、周辺勢力だけに留まらず、足利義昭さんを奉じて中央の実力者となっていた織田信長さんとも友好関係を構築するなど手腕を振るったもく

嫡男には政宗さんがおり、手厚い教育を施し、さらに有望な若手家臣を家中から選んで、片倉景綱さんなど後に政宗さんの側近となり活躍する者達を早くから息子に仕えさせたもく

また、自身が健在のうちに政宗さんに家督を譲っているけれど、これも政宗さんのことを案じて無用な後継者争いが起こらぬよう思案したものではないかと推測されているもく

最期もまた息子のためにという状況だったようで、人質としてさらわれた際に、伊達家の枷になるわけにはいかないからと、自身もろとも敵を討つよう促して命を落としたもく

 

 

 

戦国最強の兄弟という呼び声も高いのが薩摩の島津四兄弟で、島津家久 さんは、その末弟だったもく

中興の祖である祖父の忠良さんから「軍法戦術に妙を得たり」と評されるなど若い頃から軍才を有したようだけど、自身のみ兄達とは母親が異なっていたことに引け目を感じて日々武芸に励んでいたため、その才能はより磨かれていき、初陣にして敵将を討ち取る活躍を見せたもく

毛利家に身を寄せていた将軍・足利義昭さんから島津家に対して、中央に目を向ける毛利家の背後を脅かそうとしていた大友家を止めるよう御内書が出されると、家久さんは大友軍を相手にした耳川の戦いでも戦巧者ぶりを遺憾なく発揮したもく

耳川の戦いにより大友家が衰退すると、九州の覇権は、島津家、龍造寺家の間で争われ、家久さんは必殺の釣り野伏によって敵の大将である龍造寺隆信さんを討ち取る大功を立てて、島津家を九州制覇へと導いたもく

 

 

 

 

なお

足利義昭【 傑 】 織田信長【 天 】 毛利輝元【 天 】 については

取引出品・譲与不可とのこともく

 

 

-------------------------------------------------------------

今回の【傑】【天】武将カード追加時に

下記の

【傑】武将カードは 全てのくじから
【天】武将カードは 一部くじより 排出停止とのこともく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしX(旧twitter

https://twitter.com/noroshi_ixa

-------------------------------------------------------------

 

 

【戦国IXA】2024 年 1 月の追加武将一覧

こんにちは のろしですもく (・ε・)ノ

 

戦国IXAでは

「 今後の統合計画とワールド再編成計画 」や

https://sengokuixa.jp/2023_24_schedule/

「 2024年2月の新章突入までの各種日程について 」が発表され

https://sengokuixa.jp/info.php?news_id=n658d29991375e

 

来期のことが気になる今日このごろですが

そのまえに2024年1月も 戦国IXAに 新しい武将たちが登場もく

 

 

 1月追加武将 が 公開されました もく 

 

 

追加されるのは

【 極 】 東向殿さん 浅井亮政さん 支倉常長さん 長谷川等伯さん

【 特 】 石川五右衛門さん 鈴木重朝さん 高坂甚内さん

【 上 】 頴娃久虎さん 

【 序 】 桂元澄さん

以上の 9 名

 

 

さらに

【 天 】 上杉景勝さん 毛利輝元さん

以上の 2 名が 

スキルやステータスを新しくした復刻版として登場するとのこともく

 

 

-------------------------------------------------------------

支倉常長【 極 】、長谷川等伯【 極 】

上杉景勝【 天 】、毛利輝元【 天 】は

取引出品・譲与不可で

2024年4月予定のアップデートメンテナンスにてラインナップから外れるとのこともく

-------------------------------------------------------------

 

 

 

全国の大名たちから「軍神」とおそれられた上杉謙信さんが急死すると、御館の乱と呼ばれる家督相続争いに勝利した 上杉景勝 さんが上杉家を継承し、腹心の直江兼続さんとともに内乱後の上杉家をまとめあげたもく

謙信さんは、儒教で説かれる仁・義・礼・智・信の「五常の徳」を規範としていたといわれ、謙信さんの薫陶を受けた景勝さんと兼続さんもまたこの教えを重んじ、戦乱の世に上杉家の「義」を示し続けたもく

豊臣政権において五大老として重きをなした景勝さんは、おなじく五大老のひとりである徳川家康さんが天下をねらう態度をあらわにし、おおくの諸大名もそれになびく情勢の中で、一貫して反家康の旗幟を鮮明にし、さらに挑発的ともいえる態度で家康さんの言動を批判して、関ヶ原の戦いのきっかけとなる会津征伐へと家康さんを踏み切らせたもく

 

 

 

毛利元就さんは、裏切りや陰謀が渦巻く戦国の世で権謀術数の限りを尽くし、一代にして毛利家を一国人領主から中国地方の覇者にまで飛躍させたけれど、元就さんから家督を譲られた毛利隆元さんが元就さんに八年先立って世を去ったため、まだ幼いながら隆元さんの嫡男 毛利輝元 さんを毛利家の当主に据えざるを得なかったもく

元就さんの死後、毛利両川と称される二人の叔父に補佐された輝元さんは、織田家羽柴秀吉さんが中国地方へ進出してくるとこれと交戦し、次第に旗色がわるくなってきたものの、本能寺の変がおこったため秀吉さんは和睦を結んで撤兵せざるを得なくなり、毛利家は危機を脱したもく

輝元さんは、天下人への道を歩みはじめた秀吉さんに臣従することを選択し、元就さん以来の領地の多くを安堵され、豊臣政権下においては五大老に任じられるなど重くあつかわれたもく

関ヶ原の戦いでは西軍の総大将として擁立されて大坂城に入ったものの、輝元さんはそこから動かず、戦場に赴くこともないままに戦いは終結してしまったもく

 

 

 

大内家に仕える内藤家は、家老として代々長門守護代を務めるなど大内家内で重きをなした家柄だったけれど、内藤弘矩さんが当主の時代、主君の大内義興さんに対し讒言する者があり、それを信じた義興さんの指示により弘矩さんは誅殺されてしまったもく

のちに弘矩さんの無実が判明し、誅殺したことを悔いた義興さんは、弘矩さんの娘 東向殿 さんを正室に迎え、弘矩さんの弟である内藤弘春さんを当主に据えて内藤家を再興させたもく

東向殿さんは非常におだやかで優しい女性であったといわれ、義興さんの没後に家督を継いだ大内義隆さんが領土的野心や政治的関心に乏しい文治主義者となったのは、母である東向殿さんの影響もあったのではないかといわれているもく

 

 

 

北近江の国人浅井家の傍系に生まれた 浅井亮政 さんは、浅井家嫡流である浅井直政さんの娘と結婚し、宗家の家督を継承したもく

北近江半国の守護であり浅井家の主君である京極高清さんが、京極家の家督を長男の高延さんではなく次男の高吉さんに譲る意向を示したことによってお家騒動が巻き起こると、亮政さんは高延さんの家督継承を支持して高清さんと対立したもく

このお家騒動に乗じて、高清さんや高吉さん、そして高吉さんを支持した上坂信光さんらを国外へ追放することに成功した亮政さんは、次第に京極家中における実権を掌握して勢力を拡大し、浅井家三代と称される繁栄の基礎を築いていったもく

 

 

 

伊達政宗さんの命を受け、慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパに渡った 支倉常長 さんは、マドリードにてスペイン国王に謁見し、国王ら臨席のもと洗礼を受けたあと、ローマにてローマ教皇パウルス5世に謁見し、ローマの市議会からは市民権と貴族の位を認めた「ローマ市公民権証書」を与えられたもく

パウルス5世に謁見した際、常長さんが懐紙を用いて鼻をかんだところ、手鼻かハンカチで鼻をかむ習慣しか持たない西洋ではそれが大層めずらしかったようで、常長さんの捨てた懐紙がバチカンの人類博物館に展示されたといわれているもく

常長さんら使節は、長期間ヨーロッパに滞在して、スペインとの通商などを目的とした交渉に尽力したけれど、日本国内ではキリスト教の弾圧がおこなわれており、その努力が実ることはなかったもく

 

 

 

能登国七尾に生まれた 長谷川等伯 さんは、養父である長谷川宗清さんが等春さんという画家の門人であったため、宗清さんから手ほどきを受けて日蓮宗関係の仏画肖像画などを描くようになったもく

三十歳をすこし過ぎた頃、養父母の他界を機に妻子を連れて活動の場を京へ移した等伯さんは、狩野永徳さん率いる絵師集団の狩野派が君臨する画壇において、次第に千利休さんなどの権力者に重用されるようになり、狩野派と対抗しうる存在へと成長したもく

養父の師である等春さんが水墨画の大家である雪舟さんの弟子であったことから、等伯さんは晩年、自身を雪舟さんから五代目にあたると標榜し、「雪舟五代」と自称したといわれているもく

等伯さんの代表作である「松林図屏風」は日本水墨画の最高傑作と称されており、「雪舟五代」にふさわしい評価を得ているもく

 

 

 

稀代の大泥棒として有名な 石川五右衛門 さんについては、虚実とりまぜた伝承が語られ、その実在を疑問視する声もあるけれど、日本に滞在していたスペインの貿易商人が記した「日本王国記」や、公家の山科言経さんが記した「言経卿記」において、実在を思わせる記述が確認されているもく

伊賀流忍者の抜け忍であったともいわれる五右衛門さんは、百地三太夫さんのもとで修行を積んだのち、そこで体得した忍術を駆使して裕福な屋敷などに忍び込み、盗みを働いたといわれているもく

歌舞伎狂言「楼門五三桐」では、追手に追われる五右衛門さんが、南禅寺の山門の上で煙管を片手に、「絶景かな、絶景かな」と夕暮れ時の桜を眺める名場面が演じられるもく

 

 

 

鈴木重朝 さんの出自は、紀州の鉄砲傭兵集団である雑賀党鈴木家と考えられていて、石山合戦織田信長さんを苦しめた鈴木重秀さんの子であるという説があるけれど、重秀さんと同一人物であるという説や弟であるという説もあり、はっきりとしたことはわかっていないもく

豊臣政権下において、秀吉さんに仕えていたとみられる重朝さんは、秀吉さんの没後は鉄砲頭として豊臣秀頼さんに仕え、関ヶ原の戦いでも西軍に属して戦い、伏見城攻防戦で鳥居元忠さんを討ち取ったと伝わっているもく

関ヶ原の戦いのあと浪人となった重朝さんは、伊達政宗さんの仲介によって、元忠さんの主君である徳川家康さんに許され、三千石で召し抱えられることとなったもく

その後、重朝さんは、水戸徳川家の祖となる徳川頼房さんに仕えることを命じられ、鈴木家は、重朝さんの子の代に姓を雑賀とあらため、水戸藩重臣として明治維新まで続いたもく

 

 

 

江戸時代初期、「関東各地を荒らしまわる盗賊の首領は風魔の子孫たちである」と江戸町奉行所に密告し、「盗人狩り」を主導して盗賊を根絶やしにしたといわれる人物が 高坂甚内 さんもく

下総国向崎の出身と考えられている甚内さんは、武田家の重臣高坂昌信さんの子であるという説もあるけれど、実は自身も盗賊団を組織する大泥棒だったとされ、「盗人狩り」により商売敵を一掃して勢力を拡大すると、甚内さんの手下たちは江戸や関東にとどまらず日本各地を荒らしまわったといわれているもく

しかし、各地で捕まった盗賊の口から、甚内さんの大盗人としての所業が奉行所の知るところとなり、甚内さんは市中引き回しの上、浅草原で磔にされたと伝わっているもく

 

 

 

肝付家に生まれ島津久豊さんの養子となった肝付兼政さんが薩摩国頴娃の領主となり、そこから数えて七代目の当主が 頴娃久虎 さんで、久虎さんは頴娃兼賢さんの次男だったけれど、異母兄である頴娃兼有さんが亡くなったために家督を継いだもく

兼有さんの死については、久虎さんの母と兼有さんの対立が起因となり、久虎さんの家臣が兼有さんを襲撃して殺害するに至ったといわれているもく

勇将であったと伝わる久虎さんは、高原城攻め、耳川の戦い水俣攻めなど、島津家の戦いに度々参加して武功を重ね、時には自ら敵陣を偵察することもあり、その豪胆さを島津義弘さんから讃えられたもく

 

 

 

毛利家の一族で毛利宗家の執政を務める坂家に生まれた坂広澄さんは、分家して桂姓を名乗り、その嫡男 桂元澄 さんは、毛利家の家督を相続する毛利元就さんに対し起請文を提出して忠誠を誓った宿老十五人のうちの一人もく

元澄さんの叔父である坂広秀さんらによる謀反が発覚した際、広秀さんの兄である広澄さんは、元就さんが制止したにもかかわらず責任をとって自害し、元澄さんもまた自害を決意したけれど、元就さんの説得により思いとどまり、生涯を通して元就さんの忠臣でありつづけたもく

 

 

-------------------------------------------------------------
今回の武将追加時にラインナップから外れるカードは下記の武将カードになりますもく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしX(旧twitter

https://twitter.com/noroshi_ixa

-------------------------------------------------------------

【戦国IXA】2023 年 12 月の追加武将一覧

も~~ い~~くつ寝~~~る~~~と~~~~~

 ・・・・って あああああああっっっ!!!!

はやいっ はやすぎるもくぅぅぅ (。>ε<。 ))

 

この前まで半袖でも平気だったような気もするんだけど

もう今年最後の月もくかぁ (;゚з゚)

こんにちは 1年があっという間で戸惑い中の のろしもく

 

 

 

さて 戦国IXAでは

 

 12月 の 追加武将 が 公開されました もく

 

 

追加されるのは

【 極 】 今川氏真さん 津軽為信さん 陶晴賢さん 京極マリアさん

【 特 】 伊奈忠次さん 尼子義久さん 大村純忠さん

【 上 】 土屋昌続さん 

【 序 】 山崎長徳さん

以上の 9 名

 

 

-------------------------------------------------------------

陶晴賢【 極 】、京極マリア【 極 】は

取引出品・譲与不可で

2024年3月予定のアップデートメンテナンスにてラインナップから外れるとのこともく

-------------------------------------------------------------

 

 

 

今川氏真 さんは、今川家の最盛期を築き上げた父の義元さんから当主を引き継いだもく

引き継いだ時期については諸説あるものの、義元さんが織田信長さんに討たれたあの桶狭間の戦い前後と考えられており、家督相続から僅かな期間で戦国大名としての今川家の終焉を招くことになるもく

そのため長年暗愚と評価されてきたけれど、近年の研究では、父だけではなく家内の重臣の多くも戦死した桶狭間の戦い後という苦しい状況やその中でも抗おうとした姿勢などを考慮すれば、暗愚だとは必ずしも言い切れないという評価もあるみたいもく

一方で不変の評価とされているのが文化人としての一面で、後半生は京にて和歌や連歌、蹴鞠などを極めて公家をはじめとする文化人と交流を深めており、その縁により江戸時代の今川家の子孫達は代々朝廷や公家の交渉役を務めることになるなど、平和な時代においてはしっかりと次世代にバトンをつなぐことに成功しているもく

 

 

 

津軽為信 さんは、出自ははっきりとはしていないものの、南部家の一支族ではないかという立場から、一代で大名に成り上がった梟雄もく

為信さんが台頭した時代には、南部家が晴政さんの力で急成長して、現在の青森県下北半島から秋田県東北部、岩手県中北部までの広範囲を支配する勢力を誇っていたもく

南部家に内乱が発生すると、その機に乗じて為信さんは主であった石川家を急襲し津軽地方の支配を掠め取ったもく

この動きについては晴政さんが南部家内乱における対立相手の石川家弱体のために仕向けた、あるいは為信さん自身の野心によるものなど様々な理由が考えられているもく

その後も晴政さん死去により南部家は後継者争いに揺れるけれど、為信さんはそれを尻目に謀略を駆使して勢力を拡大して、津軽統一と南部家からの独立を果たしたもく

中央の動きにも鋭敏に反応して豊臣秀吉さんに接近することで奥州仕置きを乗り切り、徳川の時代まで生き抜いて津軽藩の開祖として藩の基礎を作ったもく

 

 

 

戦国時代初期の中国地方は大内家と尼子家の二大国が支配しており、陶家は大内家の重臣として代々活躍してきた家柄だったもく

陶晴賢 さんは、はじめ大内家当主の義隆さんに寵童として重用され、次第に武人として頭角を現していき「西国無双の侍大将」と呼ばれるほどに成長したもく

当時まだ二大国に翻弄される一国人にすぎなかった毛利家が尼子家に攻められると、晴賢さんは毛利家の援軍として出陣した大内家の総大将を務めて尼子家を撃破し、その勢いで尼子家の本拠地に攻め込むも、これには大敗してしまうもく

この大内家の大敗を境に義隆さんは戦への興味を失い文治派の家臣を重用するようになっていくと、武断派の晴賢さんとの関係もぎくしゃくし、納得できない晴賢さんは謀反を起こし義隆さんを討ち取って大内家の実権を握ることになるもく

ところがそれも束の間、今度は晴賢さんが成り上がり著しい毛利家に討たれて、中国地方の勢力図は目まぐるしく塗り替えられていったもく

 

 

 

京極マリア さんは、近江の浅井家に生まれた女性で、弟に三代当主の長政さんがいるもく

古くから北近江を支配し浅井家の主筋でもあった京極家の高吉さんのもとに嫁いだけれど、弟率いる浅井家の下剋上によって争いが起こり、北近江を追われてしまうもく

その後、織田信長さんが浅井家を滅ぼしたが、京極家は織田方に与していたためマリアさんもお咎めなしとなり、信長さんが開いた安土城城下にてキリスト教に出会うと夫婦で洗礼を受けたもく

夫とは洗礼後すぐに死別してしまったけれど、マリアさんは敬虔なキリシタンとなり、キリスト教への風当たりが次第に強くなっていく時代変化の中でも熱心に布教活動に励んだそうもく

また、二男三女の子供たちも、豊臣秀吉さんの側室になった竜子さんを除く四人が洗礼受けたといわれており、そのうちのひとりである高次さんは浅井三姉妹の初さんを正室に迎え、若狭国主になったことでもよく知られているもく

 

 

 

伊奈忠次 さんは、徳川家康さんの下から何度か出奔していたのだけど、本能寺の変が起こった際に居合わせた堺から家康さんを脱出させることに貢献して、再び帰参を許されたもく

そして、検地や街道整備などの代官であった小栗吉忠さんの同心として働き、吉忠さんの役割を引き継ぐ形で代官衆の筆頭になり、三河遠江駿河の住民達の生活や徳川家財政の安定のために汗を流したもく

家康さんが関東に移封されると、関東地方の領国支配を担当した四名の「関東代官頭」のひとりとして江戸の都市計画に携わっていったもく

新田開発、河川改修、宿場整備といった多方面で活躍し、武士や町民、農民に対してまで分け隔てなく様々な技術を伝承したことなどもあって、領民からも大層慕われたと伝わるもく

 

 

 

時の中国地方は大国大内家が散り、もう一方の大国尼子家に新興勢力の毛利家が肩を並べるなど戦乱真っ只中の頃だったもく

尼子家と毛利家の間では石見銀山の争奪戦が繰り広げられていたのだけど、その最中に尼子家最大版図を築き上げた晴久さんが急死してしまい、尼子義久 さんが家督を継いだもく

突然のことに尼子家内部も大変な混乱状況となり、いきなりの難局を強いられた義久さんは石見銀山については和平の道を探り、一方で九州の大国大友家と結んで周囲へけん制の動きを見せるなど、立て直しに奮闘したもく

しかし、敵は飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進し後世では戦国一の智将とまで評される毛利元就さん、逆にそれらの動きを巧みに利用されてしまい尼子家は孤立してしまうもく

もう手段は残っていないと判断して義久さんが降伏の道を選んだため、戦国大名としての尼子家は滅亡を迎えたけれど、毛利家の配下に入る形で尼子家の名は後世にも残っていくことになるもく

 

 

 

肥前の有馬家の次男に生まれた 大村純忠 さんは、母方の大村家の養子になって家督を継いだもく

同じ頃、肥後の平戸に初めてポルトガル船が渡航して南蛮貿易が始まったのだけど、平戸の領主松浦家とポルトガル人の間に不和が生じたので、南蛮貿易のための新しい港が求められていたもく

ポルトガル人の要望に応えたのが純忠さんで、自領内の横瀬浦、福田、そして長崎を港として提供すると、長崎は南蛮貿易の拠点として急速に発展していったもく

港誘致については、大村家が周囲を敵対勢力に囲まれていたので南蛮貿易による利益や軍事力の獲得を目的としたものと考えられており、結びつきを強化するために純忠さんはキリスト教も受け入れて、自身も日本初のキリシタン大名になったもく

次第に信仰深くなっていくと、領民に対してもキリスト教への改宗をすすめるようになり、六万人をキリシタンに改宗させることに成功したそうだけど、一方でその過程においてはかなり過激な手段を取り入れていたとも伝わるもく

 

 

 

武田二十四将に数えられる 土屋昌続 さんは、武田信玄さんの傅役とされる金丸虎義さんの子に生まれ、後に甲斐の名門土屋家を継いだ人物もく

将来の幹部候補生ともいえる「奥近習六人衆」のひとりとして信玄さんの側近となり、六人衆の中には真田昌幸さんらがいたけれど、その中でも昌続さんは筆頭格で、信玄さんからも格別に寵愛されたそうもく

第四次川中島の戦いで初陣を飾って、それから程なくして異例の若さで百騎の侍大将に抜擢されると、三方ヶ原の戦いでは徳川十六神将鳥居忠広さんを一騎討ちで討ち取り、さらには外交で交渉役を担うなど広く活躍を重ねたもく

信玄さんの病死の際には後を追うことも考えたけれど、武田四天王高坂昌信さんに説得されて思いとどまり、長篠の戦いにて織田軍へ特攻し壮絶な最期を迎えたと伝わるもく

 

 

 

槍術を得意としたともいわれる 山崎長徳 さんは、朝倉義景さんの宿老の山崎吉家さん一族の出自ではないかなどと考えられているけれど、確かなことはわかっていないとのこともく

はじめに仕えた朝倉家が織田信長さんによって滅ぼされると、織田家配下の明智光秀さんに仕えて、そのまま本能寺の変山崎の戦いまで従軍したそうもく

光秀さんが討たれると、今度は柴田勝家さんの家臣である佐久間安政さんに仕えて賤ヶ岳の戦いに参加し、勝家さんが亡くなった後は前田家の利家さん、そして利長さんに仕えたもく

何度も主家滅亡の憂き目にあってきたけれど、利長さんの下でようやく好転し、関ヶ原の戦いの戦功により一万四千石の所領を与えられて、さらには息子の妻に利家さんの孫娘を迎えるなど、前田家の重臣としての地位を確立して、その後の生涯を過ごしたもく

 

 

 

-------------------------------------------------------------
今回の武将追加時にラインナップから外れるカードは下記の武将カードになりますもく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしX(旧twitter

https://twitter.com/noroshi_ixa

-------------------------------------------------------------

【戦国IXA】2023 年 11 月の追加武将一覧

こんにちは~~~~♪ ٩( ´ε` )( ´з` )۶ ♪

のろしですです♪ のろしですもく♪ ٩( ´ε` )( ´з` )۶ ♪ 

 

あっという間に今年もあと二ヶ月ほどとなったもくね
一年のはやさにおどろきながら
秋の味覚を満喫することにいそがしい今日このごろですが

 

戦国IXA では

 

 11月 追加武将 が 公開されました もく

 

追加されるのは

【 極 】 片倉喜多さん 毛利隆元さん 向井正綱さん 俵屋宗達さん

【 特 】 宇喜多忠家さん 曽根昌世さん 蒲生郷舎さん

【 上 】 木下家定さん 

【 序 】 原昌胤さん

以上の 9 名

 

-------------------------------------------------------------

向井正綱【 極 】、俵屋宗達【 極 】は

取引出品・譲与不可で

2024年2月予定のアップデートメンテナンスにてラインナップから外れるとのこともく

-------------------------------------------------------------

 

 

 

伊達家の重臣である鬼庭良直さんの娘 片倉喜多 さんは、男児に恵まれなかった母が良直さんから離縁されてしまったため、母とともに鬼庭家を去り、その後、母が再嫁した片倉景重さんのもとで生来の才気に磨きをかけて、文武両道の女性へと成長していったもく

その後、伊達政宗さんの乳母となることを伊達輝宗さんから命じられた喜多さんは、のちに奥羽の覇者となる政宗さんの人格形成や武将としての素地の構築に、多大な影響を与えたといわれているもく

政宗さんの軍師的存在として天下に名を知られ、豊臣秀吉さんが直臣に迎えようとしたほどの人物である片倉景綱さんは喜多さんの異父弟であり、景綱さんもまた喜多さんの影響を強く受けて育ったもく

景綱さんが旗印に用いた「黒釣鐘」の紋は、「その名を天下に鳴り響かせよ」という弟への思いを込めて、喜多さんが考案したものであると伝わっているもく

 

 

 

毛利家を中国地方の覇者へと成長させた稀代の策略家毛利元就さんの嫡男 毛利隆元 さんは、吉川元春さん小早川隆景さんという、これまた名将として知られる二人を弟に持つ人物で、偉大な父や有能な弟に対する劣等感からか、自己を卑下していたと思われる手紙や資料が残されているもく

突如隠居を表明した元就さんが、家督を隆元さんに譲ったあとも実権を握り続けたのは、隆元さん自身が自分の能力や器量に自信を持つことができなかったためではないかという説もあるもく

しかし、元就さんの補佐者としての隆元さんは決して暗愚な武将ではなく、特に内政の面で優れた手腕を発揮して毛利家の勢力拡大におおきく貢献したもく

元就さんをよく補佐した隆元さんは、毛利家の麾下にある和智誠春さんに招かれて饗応を受けたのちに突如体調を崩し、父に八年先立って世を去ったもく

 

 

 

武田信玄さんは、海のある駿河国を制圧すると伊勢国の海賊衆である向井正重さんらを招いて水軍を編成し、正重さんの子 向井正綱 さんも、父の討死により家督を継承すると、水軍として武田勝頼さんに仕え、感状を賜るほどの活躍を見せたもく

武田家の滅亡後は徳川家が武田水軍衆をそのまま召し抱え、本多重次さんの配下となった正綱さんは、小牧・長久手の戦いにおいて九鬼嘉隆さんらを撃破するなどの活躍を見せ、次第に徳川水軍の中心的な存在へとなっていったもく

徳川家が江戸へ移封されると、正綱さんは相模国上総国にあわせて二千石を与えられ、徳川家の船奉行として、江戸湾の警固や発展などに貢献したといわれているもく

 

 

 

国宝『風神雷神図屏風』の作者である 俵屋宗達 さんは、同時代のみならず後世の絵師にも多大な影響を与えた大画家でありながら、生没年をはじめ、その生涯に多くの不明な点がある人物もく

当時、京の町では扇や屏風などに絵を施して販売する「絵屋」が栄えており、「俵屋」という絵屋を営んでいた宗達さんは、「寛永の三筆」の一人であり当代一流の文化人であった本阿弥光悦さんの書巻に下絵を描くなどしたことで、その名を広く知られるようになったといわれているもく

町絵師としては異例のことながら、僧侶に与えられる法橋の位を朝廷から授けられた宗達さんは、宗達さんと並び称される同時代の画家尾形光琳さんにも大きな影響を与えたと考えられ、「琳派」と呼ばれる流派は光悦さん宗達さんが創始し、光琳さんとその実弟尾形乾山さんが発展させたとされているもく

 

 

 

備前の国人宇喜多興家さんの子として生まれた 宇喜多忠家 さんは、「戦国の三梟雄」の一人に数えられる宇喜多直家さんを兄に持つ人物で、宇喜多家の当主となった直家さんをよく補佐し、宇喜多家の勢力伸張に貢献したもく

毛利家の助力も得ながら勢力を拡大していった宇喜多家は、その後、織田信長さんに臣従したため毛利家と敵対関係となり、毛利家の小早川隆景さんが攻め寄せた際には、重病の兄に代わって忠家さんが宇喜多軍を指揮し、見事に毛利軍を打ち破ったもく

戦国大名としての兄を多方面で支えた忠家さんではあるけれど、稀代の謀略家である兄に接するときは、常に鎖帷子を着込んで警戒を怠らなかったともいわれているもく

 

 

 

武田信虎さんに仕えて偏諱を与えられた曽根虎長さんは、信虎さんが甲斐から追放されると武田信玄さんに仕え、早い時期に隠居をして家督を子の 曽根昌世 さんに譲ったもく 

信玄さんの嫡男武田義信さんに謀反の疑いが持ち上がった「義信事件」では、昌世さんの嫡男であり義信さんの側近となっていた曽根虎盛さんが死罪となり、昌世さんも一時的に駿河国へ逃れることとなったもく

その後、武田家に帰参した昌世さんは、三増峠の戦いにおける殿軍指揮や、駿河侵攻における偵察活動などで目覚ましい活躍を見せ、信玄さんは、昌世さんと真田昌幸さんを「信玄の両眼の如き者ども」と称賛し、厚い信頼をおいていたといわれているもく

 

 

 

蒲生郷舎 さんの父とされる蒲生郷成さんは、初め坂源次郎と名乗り、関成重さんや柴田勝家さんに仕えたのち、蒲生氏郷さんに仕えて蒲生姓を賜ったもく

氏郷さんが陸奥国会津に移封されると、郷成さん郷舎さん父子は白石城四万石を与えられたけれど、氏郷さんの没後に蒲生家でお家騒動が勃発し、郷舎さんは蒲生家を出奔して石田三成さんに仕えたもく

関ヶ原の戦いのあと、蒲生家に帰参した郷舎さんは重臣の岡重政さんと争い事をおこして再び出奔、今度は藤堂高虎さんに仕えたけれど、その後、蒲生家において重政さんが失脚するとまたもや蒲生家に復帰、かと思えば今度は別の重臣との対立により蒲生家から放逐、その重臣の失脚後にまたまた帰参、そしてまた追放、となんともいそがしい仕え方をした武将だったみたいもく

 

 

 

豊臣秀吉さんの正室である北政所さんの兄 木下家定 さんは、もとは杉原孫兵衛と名乗っていたけれど、秀吉さんの姓である木下姓を名乗ることを許され、のちには豊臣姓も下賜されたもく

秀吉さんの一門衆として扱われ、二万五千石の姫路城主となった家定さんだったけれど、関ヶ原の戦いでは東西どちらの陣営にも与せず、妹である北政所さんの警護に徹し、戦後、家定さんは徳川家康さんによって備中国足守に移封されたもく

家定さんの死後、遺領争いが生じて一度は所領を召し上げられたものの、大坂の陣のあと所領を返還され、木下家は足守藩主として江戸時代を送ることができたもく

 

 

 

武田二十四将の一人である 原昌胤 さんは、「鬼美濃」の異名で知られる原虎胤さんと姓がおなじで名前も似ているけれど、別の一族であると考えられているもく

昌胤さんの父である原昌俊さんは弓矢巧者として知られた武将であり、昌胤さんもまた父の武勇を受け継ぎ、戦場の槍働きで目覚ましい活躍を見せたもく

しかし、昌胤さんの才能がもっとも発揮されたのは、合戦に先立って予定戦場を調査し、地形を見極め、味方の陣形や作戦などを指揮官に進言する役目においてであったといわれ、武田信玄さんをして「陣取りのことは隼人佑(昌胤)にまかせよ」と言わしめたとも伝わっているもく

 

 

-------------------------------------------------------------
今回の武将追加時にラインナップから外れるカードは下記の武将カードになりますもく

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしX(旧twitter

https://twitter.com/noroshi_ixa

-------------------------------------------------------------