戦国IXA のろしのBLOG もくっ ・ε ・

スクウェア・エニックスのオンラインゲーム 【 戦国IXA 】を 応援する煙の妖怪 のろし が 戦国IXAやのろしのことをゆる~くお届けしますもく

【戦国IXA】9 月の追加武将一覧

夏休み明けにちょっと雰囲気が変わった人も変わっていない人も

こんにちはー のろしもくー  (・ε・ゞ-☆

夏の名残惜しさと 食欲の秋!への期待が行ったり来たりなこの季節

戦国IXAにはこんな方々が登場するもく

 

9 月の追加武将が公開されましたもく


追加されるのは

【 極 】 安国寺恵瓊さん 愛姫さん 太田三楽さん 安井道頓さん
【 特 】 麝香さん 円城寺信胤さん 土井利勝さん
【 上 】 酒井家次さん 
【 序 】 一色義道さん

以上の 9 名

 

-----------------------------------------------

安国寺恵瓊【極】、太田三楽 【 極 】 、安井道頓 【 極 】 は
2019年12月上旬予定のアップデートメンテナンスにてラインナップから外れるとのこともく

太田三楽 【 極 】 、安井道頓 【 極 】 は 取引不可とのこともく

-----------------------------------------------

 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121528p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121548p:plain

安国寺恵瓊さんは、毛利家の外交僧でありながら豊臣政権下では大名に取り立てられたと言われる稀有な人物もく

幼少期に出身とされる安芸武田家が滅ぼされた折、安国寺にて出家。その後京都で修行していた際に毛利家と関係が生まれ仕えるようになると、大友家や、本能寺の変後の豊臣家との和睦を取りまとめるなどの手腕を発揮したもく

豊臣家の天下を予言していたなんて逸話もあって、秀吉さんからも高く評価され所領を与えられたが、関ヶ原の戦いの西軍首謀者のひとりとして斬首されてしまったもくぅ 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121653p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121711p:plain

伊達政宗さんの正室愛姫さんは、征夷大将軍坂上田村麻呂さんの流れを汲むと言われる名門・田村家の出身。共にまだ幼少の頃に政略結婚によって結ばれたが、なかなか後継ぎに恵まれず、また、大名の正室ということで、時の天下人である豊臣秀吉さんや徳川家康さんの人質として半生を大阪や江戸で暮らすなど、夫婦関係は難しいようにも思えるが、高齢での懐妊や多くの手紙のやりとり、お互いの死期でのエピソードなど、仲はかなり良好だったみたいもく 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121758p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121817p:plain

北条家や上杉家、武田家らが関東でしのぎを削っていた頃、

ほぼ独立勢力として異彩を放っていた太田三楽さん。 生涯数多の戦を経験し、その動向は武骨で、ある種不器用とも評されるが、上杉謙信さんや直江兼続さんからは及ぶものなしと称えられ、小田原城を攻める豊臣秀吉さんに対しても媚びぬ様子を見せた逸話が伝わっているもく

一方で、大の犬好きとしても知られ、自身の城にて多数の犬を飼い、それらを日本初の軍用犬「三楽犬」として用いたことでも有名もく

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121905p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002121927p:plain

戦国時代の商人・安井道頓さんは、大坂城の外堀の掘削工事を担い、豊臣秀吉さんからその功を認められ、城南の地を拝領したもく

城南の開発には河川の掘削が必要と考えると、相当な私費を投じて水路の工事を開始。工事の最中、大坂夏の陣が勃発し、豊臣方として自身も大坂城内で討死にしてしまうが、一族が引継ぎ、ついに水路が完成。道頓さんの功績を讃え、その水路は道頓堀と命名されたもく

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122008p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122109p:plain

若狭国の熊川城主・沼田光兼さんの娘、麝香さんは、一流の剣術と和歌などにも精通した文化人ぶりが知られる細川幽斎さんと結婚し、子宝に恵まれたもく

嫡子・細川忠興さんの妻である細川ガラシャさんの行動や最期に触発されて洗礼を受けたと言われ、洗礼名は細川マリアさんと呼ばれるもく

また、関ヶ原の戦いの一環とされる田辺城の戦いでは、息子達の留守を守るため、夫と共に自身も具足を付け戦ったらしいもく 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122158p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122216p:plain

龍造寺隆信さんに仕えた円城寺信胤さんは武勇に優れた武将で、主君と共に転戦し武功を挙げていたことから、龍造寺四天王のひとりに数えられることもある人物もく

島津家との間で勃発して沖田畷の戦いでは、島津家久さんの策により龍造寺軍が大混乱に陥ると、どうにか主君を逃がすべく、「我こそは龍造寺隆信だ」と名乗り敵陣に斬り込んでいき、壮絶な最期を迎えたもくぅ 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122317p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122257p:plain

徳川家康さんから破格の寵愛を受けたと言われる土井利勝さんは、ニ代将軍の秀忠さんの傅役を任じられると、そのまま秀忠政権時には老中として活躍。三大将軍家光さんの傅役も担い、家光政権時になっても地位は変わることなく、その後も参勤交代の定着や寛永通宝を作って通貨制度を安定させるなど、江戸幕府の基礎構築に腕を振るったもく

家康さんの隠し子と噂されることもあったみたいだけど、本人はそう言われることを嫌っていたらしいもく 

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122346p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122404p:plain

徳川四天王酒井忠次さんの嫡男・酒井家次さんは、幼少の頃より家康さんに仕え、父の隠居により家督を継いだ人物もく

家康さんが関東に移封されると、下総国臼井に3万7千石を与えられたが、この時に他の四天王家はその倍以上が与えられていたため、父が抗議したという話もあるもく

それには色々な事情や諸説もあるみたいだけど、その後、関ヶ原の戦い大坂の陣を経て、越後高田藩10万石に移封されたもく

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122512p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122455p:plain

足利家の一門で、室町幕府四職に数えられる名家であった一色家だが、一色義道さんが家督を継いだ戦国時代の頃には、相次ぐ合戦で疲弊し没落の一途を辿っていたみたいもく

義道さんは15代将軍・足利義昭さんや織田信長さんに接近するなど、権威を取り戻そうと奮起するも、自身の悪政による家内の離反を食い止めることができず疲弊に拍車を掛けると、やがて対立関係に変わっていた織田家の侵攻により、自害の最期となったもくう

 

-----------------------------------------------
( ・з・)つ

今回の武将追加時にラインナップから外れるカードは下記の武将カードになりますもく

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122908p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122845p:plain

 

 

f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122937p:plain f:id:noroshi_sengoku_ixa:20191002122954p:plain

 

 

-----------------------------------------------
スクウェア・エニックスサポートセンター

http://support.jp.square-enix.com/contacttop.php?id=1297&la=0

■のろしtwitter

https://twitter.com/noroshi_ixa
-----------------------------------------------